kyoto bio kitchen > ブログ

納豆、オクラの黒にんにく入りスープカレー

2013.10.05

soupcaly-s
納豆の植物性タンパク質のスープカレーを作りました。玉ねぎ、生姜にトマトと黒ニンニクを加え、より食感と旨みが増しました。

soupcaly

納豆の植物性タンパク質のスープカレーを作りました。玉ねぎ、生姜にトマトと黒ニンニクを加え、より食感と旨みが増しました。

材料 (2,3人分)
納豆2~3パック
オクラ1袋
玉ねぎ(みじん切り)大1個
トマト缶(カットタイプ)1缶
カレー粉大さじ1

1
玉ねぎはみじん切りにして納豆と軽く炒める(納豆はネバネバを洗い取っても良いが今回はそのままで。)
2
フライパンに油を引きにんにくしょうがのみじん切りを香りが出るまでしっかり炒める
3
香りが出たら玉ねぎと納豆をいれて、玉ねぎが透きとおってくるまで炒める。
4
火が通ったらトマト缶をいれ軽く潰し、水を加えて、オクラを入れひと煮立ちさせる。
5
カレー粉を入れる。クミン、ガラムマサラなどなど。黒にんにくはやや甘めなので調節する。
6
トロミが出たら好みで隠し味で味を整える。(オイスターソースやケチャップなど)

<コツ・ポイント>

※カレースープですから、お好みのカレー系スパイス(クミン、ガラムマサラ等々)を使って辛さも好みで調節してくださいね。
※もっと辛いのが好きな人は、青唐辛子を刻んで入れても美味しいと思います。

<このレシピの生い立ち>

黒にんにくはトマトやにんにくなどと相性が良いし、相乗効果が有ります。そこへネバネバの素材の納豆とオクラを入れました。味と食感の深みを濃くし、クセになるスープカレーになりました。

カテゴリー: レシピ

彩どりの野菜と春雨の黒にんにくソース炒め

2013.10.03

9291a078532cc89036bb32b585a41e38
冷蔵庫にある残っている野菜を使って炒めます。パプリカは好きでいつも冷蔵庫にあります。茹でた春雨と軽く混ぜ合わせします。


彩どりの野菜と春雨の黒にんにくソース炒め

材料

春雨(乾燥)・・・1袋の半分

人参・・・小1本

パプリカ(赤、気)それぞれ1個

きのこ類・・・それぞれ数本

黒にんにく・・・6個

生にんにく・・・好みで数個

1

写真

冷蔵庫にある残っている野菜を使って炒めます。パプリカは好きでいつも冷蔵庫にあります。茹でた春雨と軽く混ぜ合わせします。

2

写真

野菜をいろんな形にカットしてほかのレシピに使い、冷蔵庫の余り物でリメイクします。味付けを変えると同具材でも生きてきます。

3

写真

お料理をここでもレメイクしてお弁当仕立てにして二度楽しむことができます。ご飯をおにぎりにしたりそれぞれ変化を工夫します。

 

<コツ・ポイント>

 

黒にんにくのペーストと生にんにくのみじん切りで炒めたものを混ぜ合わせ好みでみりん、醤油、ごまゆ等で炒めます。隠し味的にマヨネーズとケチャップを入れました。好みで辛いのが好きな方はアレンジしてください。

 

<このレシピの生い立ち>

 

黒にんにくソースをいろいろな料理に試していっています。黒ニンニク自身がジューシーで甘めなので、これから料理レシピにによって基本の黒にんにくソースにあうもの他の調味料をアレンジしていき、辛めと甘めを作りたく思っています。

カテゴリー: レシピ

貝柱ときのこのキムチ風黒にんにく炒めご飯

2013.10.03

9fd6bb12ac0efc658f6852953b5f7c77
貝柱、きのこ、干し大根などの旨みがキムチの辛味でよりギュッと凝縮されて美味しくなります。味付けに黒ニンニクを入れました。


貝柱ときのこのキムチ風黒にんにく炒めご飯
材料
きのこ類・・・250g
干し大根・・・1袋
貝柱・・・1缶
オリーブオイル・・・大さじ2
オイスターソース・・・大さじ1
だし汁 貝柱の汁・・・20cc
酒 みりん・・・大さじ1
黒にんにくのタレ・・・大さじ1
キムチの素・・・大さじ1

1

写真

人参などの野菜は千切りにしてオリーブオイルで炒めます。貝柱や炒めた野菜などをだし汁、貝柱の汁と酒、みりんで煮たてます。

2

写真

干し大根のつけ汁に栄養分が出ており特にビタミンB類が豊富。この戻し汁は小松菜の炒め物にも使い、きのこ類も天日干しです。

 

3

写真

干し大根は前もってお湯に浸しておいたのを水をきった後、4,5cmに切ります。キムチの素や黒にんにくタレ等で味付けします。

4

写真

小松菜は洗って5cmぐらいに切って塩麹にまぶします。干し大根のつけ汁に酒、みりん醤油にんにく、黒にんにくタレで炒めます。

 

コツ・ポイント

 

切り干し大根は、大根を細く切り天日で干して乾燥させた食材。太陽の光を浴びることで、
骨や歯を丈夫にするカルシウムは15倍、悪性貧血を予防する作用がある鉄分は32倍、代謝を促進するビタミンB1・B2は10倍と、栄養価は非常に高くなります

 

このレシピの生い立ち

 

以前から切り干し大根の新しいメニューをと考えており、冷蔵庫の野菜の整理を兼ねてときのこを使っての料理ができました。貝柱が1缶ありましたので、貝柱のつけ汁の旨みときのこの旨みとまた切干大根の汁の旨みがキムチと合います。味付けは黒にんにく使用。

カテゴリー: レシピ

黒にんにくの具だくさんラー油

2013.10.03

cfa39e4f12dc414f5be17212c0f767b6
黒にんにくの軽やかな甘さと具材の旨みと調味料の辛さがうまく混ざって黒にんにくならでわの具だくさんラー油の出来上がりです。


黒にんにくの具だくさんラー油
材料
白にんにく、黒にんにく(ペースト状)・・1束と大さじ4
桜えび・・5g
長ネギ(みじん切り)・・1本
ごま油(炒め用)と(仕上げ用)・・1/2カップ
■ 調味料
 豆板醤・・小さじ2
 コチジャン・・小さじ2
 オイスターソース・・大さじ1
 しょうゆと味噌・・大さじ2
 白すり胡麻・・大さじ1
 ねりごま(クリーム状)・・大さじ2
 砂糖・・小さじ2
 塩麹・・小さじ1

1

写真

にんにく、ネギ等は粗みじん切りにします。桜えびは食感を残したいのでそのままで。黒にんにくはペーストの作りおきを使います。

2

写真

白にんにくのスライスと長ネギのみじん切りをごま油できつね色までじっくり炒めます。桜エビを多めに加えてカリカリに炒めます。

3

写真

具材をしっかりいため、調味料豆板醤、コチジャン、オイスターソース、すり・練胡麻、醤油、味噌等混ぜ砂糖と塩麹で調節します。

4

写真

好みで味付けします。個人的に辛味と甘味が好きなので七味と蜂蜜を加えて、黒にんにくは自家製黒にんにくペーストをたっぷりと。

コツ・ポイント

 

青森産にんにく、ホワイト6片を栽培しています。作りおきの黒ニンニクペーストがありますので、健康的にも経済的にも助かっています。

このレシピの生い立ち

 

黒にんにくを使うお料理レシピを増やして行きたく思っていますので黒にんにくペースト瓶詰めをたくさん作り置きしています。黒にんにくで美味しいお料理を試作しています。

カテゴリー: レシピ

さばの麹和え

2013.10.03

さばの麹和えのレシピです

カテゴリー: レシピ

鶏のわさび焼き

2013.10.03

鶏をわさび風味に焼いたものです。

カテゴリー: 日々のつれづれ

サーバーのメンテナンスについて

2013.10.03

9月12日0時より、サーバーのメンテナンスを行います。

カテゴリー: お知らせ

1 / 212