kyoto bio kitchen > bio kitchen

wako’s cooking kitchenにようこそ!おこしやす!

imgConcept03 - 240

   こちらのキッチンではご自分のキッチンと思っていただき「自分の健康は自分で守る」の気持ちで いろんな方達との出会いの中で多種多様なイベントやセミナー等企画していただければと思っています。

 

    座学・実践を通して Face to Face のつながりを深めていただけばうれしいです。 生産者と消費者の交流、都市と農村の交流、国内・外の観光客の交流等をそして地域全体もすべて「おもてなしの心で」交流促進してまいりましょう。

 

 私の提案としては以下のようにはいかがでしょうか!!

 

・皆さんと京都との結びつき(歴史・文化)を深めていこう。

・農家のご婦人方へ働きかけ地元密着(生産者の声)の活動を。

・ネット環境を整えSNSやオリジナルサイトを活かしましょう。

・京の食文化を活かし国内・外の観光客を招き、交流・憩いの場を。

・リアルタイムの情報をスマートフォン等で即刻に発信しましょう。

・経済活動の一環に”ショッピングサイト”を充実させましょう。
 
 

店主からのごあいさつ

imgConcept02

 

   ひとことわこばぁばよりご挨拶申し上げます。 いよいよ日本の食文化・和食が世界文化遺産に登録されます。

 

   国内はもとより世界に向かって日本の誇る和食の日常のおかず「京のおばんざい」の情報を微力ながらも発信していきたく願っています。

 

   皆さんとご一緒に作りながら、ご一緒にいただきながら、海外からの観光客と共に楽しいひと時を過ごせるサロンづくりを目指してまいります。

 

 ここから素晴らしい「和の文化」が広がっていくことを念じながら。

 

和食文化をユネスコの世界遺産に!!

  ユネスコの世界無形文化遺産として、食の分野では「フランスの美 食術」など計4件が登録されていますが、政府は2012年3月、 ユネスコに対し「和食~日本人の伝統的な食文化」を無形文化遺産 に登録するよう申請し、2013年12月には結論が出る見通しです。

 

多様で新鮮な食材とその持ち味を尊重する、食べ物としての側面だ けでなく、

(1)栄養バランスに優れた健康的な食生活、

(2)自 然の美しさや季節の移ろいの表現、

(3)年中行事と密接なかかわ りといった文化性を挙げて提案しています。

 

  「日本食を世界に」と、農林水産省を中心に登録に向けた活動を展開するとともに、いち早く京都の行政も支援に動きだしました。

京都府教育委員会は、「京料理・会席料理」を無形文化財に指定し、京都市教育委員会も新たに「京都をつなぐ無形文化遺産」の制度を創設し、第1号に「京の食文化」を選定するよう準備しています。(日本経済新聞より)

 

  観光についての京都の取り組みはさすがに早くてしっかりしています。京都が世界の憧れの地であり続けるためには、世界的視野で旅行者に訴求する仕掛けづくりが必要ですね。 (2013年7月18日)